ヨーロッパやその他の国から、ハンドメイドに使えるアンティークレースや手芸材料と可愛い雑貨を販売している『Petite h./プティ アッシュ』の日々の出来事や思いついたことなどを綴っていきます。
by petite-h
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
dekigoto いろいろ
アンティーク
event
handmade
shop
momo&cocoa
お気に入り
アクセサリー
workshop
新着
未分類
blog parts
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
2015年 03月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 09月
more...
ライフログ
掲載本
■link

■Petite h.のmainブランド
rever en h.
■Petite h.のmainサイト
Petite h.
■Petite h. Shop News
Petite h. shop News
■Petite h.の
アクセサリーレッスン
Accessory lesson News
■ブライダルのオーダーアクセサリーのブログ
Blanc h./ブラン アッシュ

■ホームクチュリエvol.9


■手作りタウン
日本ヴォーグ社の手作りに関するHPです。

momoのアルバム
momo

photbackで作りました。
画像をクリックすると見れますよ!

■Thank you!■
mattarihonpo+
night on the planet
P-HOUSE
BOUS




お気に入りブログ
■ haru no di...
jour et nuit2
te-tote  onl...
■ プティ アッシュ h...
atelier la*p...
額装工房アールデコ
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:お気に入り( 3 )
Top▲ |
■ 可愛いピンクッションです。
f0118870_343922.jpg
先日アンティークの指抜きを使って、小さなピンクッションを作ってみました。

以前、誰かに聞いて私もやってみましたが、中の綿の代わりに今回は愛犬cocoちゃんのカットした毛を使いました。
綿より純毛ですから、針も錆びないとか。
トリミングに行った時に取っておいて貰って帰ってきました。
その効果はどのくらいのものなのか・・・楽しみです。

家は海が近いので、鉄物は直ぐに錆びてしまいます。
ピンクッションからピンが出ていると、それも直ぐに。

ハサミやその他、大切なものは極力、空気に直接触れないように気を付けていますが、時々忘れて大変な事になることもシバシバです。

さてこの小さなピンクションはほとんど、飾って置くくらいしか用途はありませんが、やっぱりせっかくですから使ってあげたいと思い、今のところ、刺繍をする時の針休めに使うことにしました。

使いにくくても愛着が有るので、何のその。

そして最近、イギリスから届いたとっても可愛いピンクッションがコレです!
f0118870_312296.jpg


ベアがお腹を出して、両手を後ろに付いて座っていて、とっても愛嬌のあるピンクッションです。
そしてもう一つはアンティークには良くある、靴の形のピンクッション。
でも靴底まで細工が凝っていて、それを見つけた時は二ヤリとしていました。

手芸用品の色々な可愛いものを集めていますが、その中でもどうやらピンクッションが特に好きなんだと最近認識しました。
これ以外にも我が家には沢山のピンクッションが有って、自分でも売っているのに、可愛いものを見つけたらまた買ってしまいます。

先日は羊のピンクッションを買って、これも私の大切なコレクションになりました。
ピンクッションは、小さいけれどとても存在感が有って、大好きなアイテムの一つなんです。
Top▲ | by petite-h | 2010-06-10 03:24 | お気に入り
■ 可愛いアクセサリー
f0118870_2573966.jpg

先日、フランスやイギリス、そしてアメリカから届いた届いたばかりの可愛い、アクセサリーたちです。

ゴールドのロケットペンダントに刻まれた、花文字のイニシャルがとても気に入って・・・
当分は私の手元で、大切にしたいと思います。
ロケットペンダントというと、私の小さな頃に流行っていて、姉が持っていたのを何となく憶えているのですが、
時を超えてまた、愛されるアイテムになったのですね。

そしてその隣はこれもまた、素敵なカフリンクスで、Bのイニシャルが刻まれています。
これは新着更新と共に既に、お客様の元へ行くことが決まっています。
アンティークのイニシャルものはやっぱり、人気が有るようですね。

そして左下の写真はスミレの入ったバスケットのブローチで、造りは簡単なのですが、そのバスケットの籐の表情が上手く表現されていて、またグラデーションに掛かった色が、アンティークの何とも言えない表情を出している、とても愛らしいブローチです。
簡単な造りと言っても、とても手の込んだ今ではなかなか作られない、テクニックで手のぬくもりを感じます。

その写真の隣はスターリングシルバーで出来た、スプーンとフォークの可愛い小さなブローチです。
昔はこのような小さなカラトリ―のブローチは珍しくなかったようで、幾つか私も手に入れた事があります。

それにしてもこの小さなスプーンとフォークは良く出来ていて、柄のところもちゃんとバラのモチーフが施されていて、可愛いブローチです。
残念ながら、コチラも今日、お客さまの元へ旅立って行きました。

そして最後にその隣は、小さなレースのモチーフですが、その小さな中に、幾つかのデザインが有り、どれもとっても可愛くて、届いた時はこれを使って、ピアスを作ろうと思っていました。
でもやっぱり更新後、直ぐに売れてしまい、ちょっと残念でした。

これは良くある、レースの一部分として見たことが有るので、パーツとしてまた出逢うことが有るかも知れません。
その時には自分用に幾つか使って、アクセサリーを作ってみたいと思った、そんな可愛いレースのモチーフでした。

私は小さな時からアクセサリーが大好きで、小学校の時にはヘアピンの可愛いものをお菓子の缶に入れて、コレクションをしていました。
そして働くようになって、アクセサリーのデザインをするようになり、やっぱり今でも大好きで、それは歳を重ねてもこれかもず~っと好きなんだろうなぁって、こんな可愛いアクセサリーと出逢うとまた思い、心が和む時間を過ごせました。

また良い出逢いを楽しみにしたいと思います。
Top▲ | by petite-h | 2010-04-27 03:28 | お気に入り
■ お気に入りのアンティークボタン1
f0118870_2134360.jpg

最近アンティークのボタンも少しづつ扱うようになり、素敵なボタンに出逢うことが多くなりました。

そんな中でのお気に入りのボタンを、少し紹介したいと思います。
ガラスの大きなボタンに、ハンドペイントで描かれた絵がとても可愛くメルヘン的なところが気に入りました。
5c弱くらいの大きなサイズでこれは自分の手元に置いておきたいと思い、私のコレクションに仲間入りです。

届いて見るとても素敵で、仕入れる時は沢山あったのですが、どんなものか写真でしか判らなかったので、結局手に出来たのがこの2個ですが、もっと沢山仕入れれば良かった・・・と思っても遅かりし・・・です。(アンティークには良くある出逢いですね。)

このボタンに描かれた絵は、マリーグレゴリーというグラスやお皿・スタンド・キャ二スターやガラス製品に描かれた、その絵にとても良く似ています。

Mary Gregory は1856-1908はこの絵付けで人気をはくし活躍したガラス作家です。
アメリカに生まれ、のちにヨーロッパに渡り、1880年頃からチェコのボヘミア地方で活動した女流ガラス作家です。
姉妹で活動していたそうです。
その後もマリー・グレゴリーのかわいい少年少女の絵付けのガラスは1879~1939年頃までボヘミア地方で作られたそうです。

そんなマリーグレゴリーのグラスも入荷しています。
それもとっても可愛いのですが、このボタンもマリーグレゴリーと関係があるのでしょうか・・・?

まだまだ知らない事が多くて、勉強中ですemoticon-0107-sweating.gif

そして右側のイニシャルの入ったボタンもいろいろ入荷した中で、自分用として残しておいたもので、花文字のイニシャルが好きで気に入っています。
この金属のボタンは入荷したときには、曇ってとても汚れていたのですが、磨くとこんなに綺麗になりました。

素敵なボタンがいろいろコレクションの仲間に入ってきましたので、これから少しづつ紹介したいと思います。
お楽しみに!!
Top▲ | by petite-h | 2009-02-03 22:05 | お気に入り
| ページトップ |